頚椎椎間板ヘルニアの治療|日進月歩で進む治療

nurse

より確実な治療法

内視鏡が活躍しています

disease​ review

頚椎椎間板ヘルニアの治療では、現在複数の方法が試みられています。より体に負担の少ないレーザー治療も広く行なわれるようになっており、選択肢は確実に増えているのです。比較的新しい治療法の一つとして挙げられるのが、例えば内視鏡を用いたレーザー治療です。この方法では、局所麻酔により部分的な切開を行ない、内視鏡を入れてヘルニアの正確な場所を確認しながら、ヘルニア部分にダイレクトにレーザーを当てます。これまでのレーザー治療に比べてより確実にヘルニア部分の治療が出来ることから、昨今注目の高まっている頚椎椎間板ヘルニアの治療法なのです。通常の手術に比べると圧倒的に体への負担が少なくて済み、回復も早くなります。

医師を選びましょう

内視鏡を用いた頚椎椎間板ヘルニアのレーザー治療は、医療機関でも徐々に取り入れる所が増えています。ですが、この方法を行なうに当たっては医師に一定の技術が必要になるため、実績のある医療機関を選ぶことが必要になるのです。最近では各医療機関がホームページを通じて、頚椎椎間板ヘルニアの治療法について詳しい紹介をしていることがあります。例えばこういったホームページを利用して具体的な情報を集めることが役立つ訳です。実際にこういった方法が可能か否かは、やはり医師の判断に委ねることになります。そういった見極めが正確に出来る医師を選ぶことも重要なポイントです。頚椎椎間板ヘルニアは治療の選択肢が多いだけに、事前の情報収集が大切と言えます。

原因を知って予防

disease​ review

頚椎椎間板ヘルニアの原因には様々なものがありますが、背骨に負担をかけることで発症することがあります。また、頚椎椎間板ヘルニアになってしまった場合は早めに治療を受けることで回復も早いと考えられます。

Read More